『Omnisport』は「元デンマーク代表GKピーター・シュマイケルは、ポール・ポグバの補強について語った」と報じた。

2012年にフリーで放出したポール・ポグバを8900万ポンドで買い戻し、今夏サッカーにおける移籍金記録を塗り替えたマンチェスター・ユナイテッド。

その価格には各方面から「クレイジー」という評価もあり、どんどん膨らんでいく選手の価格に異を唱えるものも多くなっている。

しかし、かつてマンチェスター・ユナイテッドで活躍した守護神ピーター・シュマイケルは以下のように話し、こっちは自分で稼いだ分を使っているだけだと他のチームを皮肉ってみせた。

ピーター・シュマイケル

「ポール・ポグバはチームを離れ、ユヴェントスでの4年間で素晴らしい成功を納め、そしてマンチェスター・ユナイテッドが買い戻した。強烈な価格でね。

『最初になぜポールの退団を許したのか?』と指摘することはできる。しかし、重要なのはそこではない。彼はあのポジションにおいて世界最高の選手であるというのが、声明になるということだよ。

そして、我々は彼にどれだけの金を使ったかを気にすることはない。払えるのだからね。

まあ、マンチェスター・シティも払える。チェルシーも払える。他のクラブも払えるだろう。しかし、我々もそれができる。

そして、我々は自分たちの金でそれができるんだ。その補填をしてくれるような『誰か』はいないんだ。

我々は自分たちで金を稼ぐ。そして、それはマンチェスター・ユナイテッドがどのように成功してきたかということであり、求める選手を買うことができる」