今季のエールディビジで最高のスタートを切ったADOデン・ハーグが一転苦しんでいる。

昇格と降格を繰り返す典型的な「エレベータークラブ」の彼らにとって開幕3連勝はちょっとした快挙であったが、第4節ヘラクレス戦でハーフナーが「パネンカ」でのPKを失敗し、連勝がストップ。

この出来事にチームを率いる元浦和ゼリコ・ぺトロヴィッチ監督は激怒し、ハーフナーは続くフェイエノールト戦で(体調不良が伝えられたとはいえ)ベンチからのスタートとなった。

以来チームはリーグ戦3連敗。先月30日に行われたズウォレ戦では、ハーフナーが先制点となるアシストを記録するも…

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

試合は1-2で逆転負けし、これで4連敗となった。

開幕4試合3ゴールだったハーフナーもPK失敗以来得点なし。この連敗は守備陣の崩壊によるものも大きいが、自らの失態から始まった“負の連鎖”は早めに食い止めたいところだ。