『Il Giornale』は「マリオ・バロテッリの代理人を務めているミーノ・ライオラ氏は、彼にズラタン・イブラヒモヴィッチのようなメンタルがあればと話した」と報じた。

世界最高クラスの才能を持つことは明らかでありながら、これまで多くのトラブルに直面し、成長を阻害されてしまっているマリオ・バロテッリ。

しかし今季はようやく復活の兆しを見せており、フランスのニースで得点を量産している。ライオラ代理人は取材に対して以下のように話し、彼のメンタルが強ければバロンドールを5回獲っていると語った。

ミーノ・ライオラ

「マリオは怪物だ。しかし、彼はバロテッリなんだよ。

彼は二人の素晴らしい人物に養われるという幸運に恵まれた。しかしバニョーロ・メッラは難しい街だった。人種差別に直面した。

子供の頃は非常に苦しんでいたし、その経験が常に頭の中にある。もし彼がズラタン・イブラヒモヴィッチのようなメンタルを持っていたら、バロンドールを5回獲得していただろう。

マリオはクレイジーだが、私はすべてを許している。なぜなら、彼はいい男だからだ。

ある日、彼は私に『ベントレーを貸してくれ』と頼んできた。

私は言った。『マリオ、マルセイユを相手に2点を決めたら考えるよ』と」

「明らかに私はそれを忘れていた。しばらく経って、妻が言ったんだ。『マリオから電話が来たから代わるわよ』と。

私は意気揚々とした声を聞いたよ。『ミーノ!鍵だ!』と。私は『何の鍵だ?』と聞いた。

彼は言った。『ベントレーだ。オレは2得点を決めたぞ!』と。そして私は鍵を彼に渡した。

そしてマリオはヨットクラブに行き、ポールにぶつかる事故を起こして戻ってきた。電話がかかってきて、沈んだ声で『ごめん、ミーノ』と謝ってきた。

私は彼を許した。怒ることはできなかった。

彼はまだチャンピオンになれると保証する。最近は人生の中心にサッカーを入れている。娘が生まれたことが、彼を変えたのだ。

娘のピアはバロテッリに似ている。素晴らしい、そしてヤバい話だ!」