11日、アヤックスの公式サイトが今季から指揮官を務めるピーター・ボス監督のインタビューを掲載。

インタビューの中でこれまでの人生を振り返ったボス監督は、Jリーグのジェフ市原(現ジェフ千葉)でプレーしたことも回想し「素晴らしい時間だった」と語った。

ピーター・ボス
「1996年、私はジェフ市原でプレーするために家族と日本へ移った。

それは特別な時間だった。いつも思い出すよ。日本は素晴らしかった。私は東京と恋に落ちたんだ。そこは美しかった。

素晴らしい時間だったし、我々の家族にとって濃密だった。我々は本当に固く結ばれていたよ。私が試合に出ていない時はいつでも一緒にいたんだ」

また、インタビューの冒頭で「メディアは自分の正しい姿を伝えていない」と話したボス監督は、日本時代のことを引き合いにこのようにも語っている。

「私が日本について好きだったもう一つのことは、どんな新聞や雑誌でも読むことができなかったということだね。

それはとても素晴らしかったよ!私は何について書かれているか全く分からなかったんだ。多分、いや多分ではなく、それが良かった。

それは、メディアが伝えることに私がどれだけ影響されるかについて最初に理解した瞬間だ。それ以来、私は自分自身についてほとんど何も見たり読んだりしていないよ」