日本ハムの優勝で幕を閉じた今年の日本シリーズ。クリーブランド・インディアンスとシカゴ・カブスの古豪対決となったMLBのワールドシリーズも佳境を迎えている。

そんななか、サッカー界のスーパースターであるネイマールらと対面を果たした野球選手がいた。

レッドソックスのサード、パブロ・サンドバルだ!

ベネズエラ出身のサンドバルは、サンフランシスコ・ジャイアンツで3度のワールドシリーズ制覇に貢献した強打者。FAになった後、2014年にレッドソックスと大型契約を結んでいる。その風貌から「カンフー・パンダ」との愛称でも呼ばれている選手だ。

スペインを訪れネイマールをはじめとするバルセロナの選手たちと対面したサンドバル。

なんでもバルサが好きだそうで、選手との対面は「とても美しくとてもスペシャルなこと」と語っていたそう。また、初めてバルサの試合も観戦するそうで、「夢が叶った」と喜んでいたとか。結構なサッカー好きなのかも?