『Bureau Sport』は、「インテルを解任されたフランク・デ・ブール前監督の兄弟であるロナルト氏は、メンバーと経営陣に問題があったと話した」と報じた。

今季開幕前、ロベルト・マンチーニ氏の突如の解任に従って招聘されたフランク・デ・ブール氏。準備期間の短い中でシーズンをスタートさせたが、調子は上がらず成績が低迷した。

そして昨日中国の経営陣がデ・ブール氏の解任を決断。わずか85日という期間で監督の座を追われることになった。

その状況について、フランクと近しいロナルト氏は以下のように話し、チームには様々な問題があったと明かした。

ロナルト・デ・ブール

「インテルのスカッドは、フランクが志向するスタイルのサッカーに適合しないものだった。そして、メンバーが大きすぎたのだ。

そこには、すでにチームを離れるべき者、フランクが求めていない者が7~8選手存在した。しかし、彼らは2名以上売られることはなかった。

それにはガブリエウ・バルボーザ(ガビゴル)も含めている。フランクはあの取引には何も言っていない。彼は突如やってきたのだ」

(フランクは最後の8試合でわずか2勝しかできず、解任された)

「もちろん私はがっかりしているよ。フランクは闘争心に溢れていたし、物事を変えられるという自信もあった。もし残れていればね。残念ながら、それは違う道に進んでしまった。

彼はイタリアで成功をおさめることを願っていた。しかし、最後の7日間でそれらは変わってしまった。

フランクはピッチ上での状況を変えることができなかった。しかし、そこには幾つかの要因がある。大きな差を作った何かがね」