『So Foot』は13日、「アタランタのコートジボワール代表MFフランク・ケシエは、今のところチームを離れるつもりはないと話した」と報じた。

今季大ブレイク中のケシエ。セリエAで傑出したプレーを見せ、ヤヤ・トゥレやパトリック・ヴィエラなどレジェンドと比較する声も。

20歳の彼にはマンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、アーセナル、ローマなど多くのクラブが関心を寄せていると言われており、冬にも移籍の噂があった。

しかしケシエは以下のように話し、今のところベルガモの街が気に入っていること、急いでキャリアを進めたくないことを明かした。

フランク・ケシエ

「僕はメディアで移籍の噂を読んでいるよ。

このレベルのクラブが僕に感心を寄せてくれることを、非常に嬉しく思っている。

これは、僕が良いシーズンを過ごしていることの証明だ。そして自分は進歩し続けるよ。

ただ、急いで進みたくはないね。クラブがオファーを受けているのかどうかは分からないが、僕は契約を持っている。

ベルガモの街が好きだ。静かだしね。イタリアでも高い評価を受けることができているし」