レスターに所属する岡崎慎司とクリスティアン・フックスが、サッカーロボットと対決した。

こちらは、オンラインカジノサービス「BetStars」が企画したもの。

両選手は、「究極のサッカーロボット」と名付けられた機械と3本勝負を行った。

その対決内容は「精度」、「クロスバーチャレンジ」、「シュート力」で、最後の一番で岡崎の蹴ったボールは時速64マイルを記録!これは102kmに相当するものであったが、ロボットがマークした時速85マイル(137km)には及ばなかった。