『Ghanasoccernet』は22日、「ガーナ代表FWアサモア・ギャンは、4月末でフリーになるかもしれないと宣言した」と報じた。

ガーナ代表の絶対的なエースストライカーとして知られるギャン。UAEでは1試合1ゴールを超える圧倒的な結果を残し、2015年に中国の上海上港へと渡った。

かなり大きな金額が動いた取引だったが、中国でのギャンは怪我に苦しみなかなか調子に乗れず、期待を裏切る結果に。

そして昨年は慣れ親しんだUAEのアル・アハリにローン移籍するも、ここでも万全な状況には戻っていない。

ガーナのラジオ局『Hot FM』に出演した彼は以下のように話し、残りの1ヶ月で去就を決めると宣言した。

アサモア・ギャン

「今、僕は自分の体力を回復させることに集中している。試合を楽しみたい。シーズンが終わった時には、どうするかを決めているだろう。

今季が終われば自由になり、何らかの決断を下す。残るかどうか。全てをかけて決定をするよ」

怪我で苦しんではいるものの、今季も11試合に出場して4ゴールを奪ったギャン。体調さえ整えばゴールを量産してくれるはずであり、多くのクラブが関心を寄せてくるだろう。