瀬戸貴幸がプレーするルーマニア1部リーグは、レギュラーシーズンが終了。上位・下位に分かれてのプレーオフが行われている。

瀬戸のアストラはこの日、ステアウア・ブカレストと対戦。だが、こんなゴールを決められてしまった。

ステアウアFWデニス・アリベクが絶妙なラボーナパス!フリーになっていたMFフローリン・タナーセに通し、完璧なアシストを決めてみせた。

アリベクの前には瀬戸を含め3人の選手がパスコースを切るために立ちはだかっていた。だが、意表を突くラボーナに瀬戸(8番)は反応できず…。とはいえ、ここしかないというところに出したアリベクの技術を讃えるべきだろうか。

前半だけで3失点したアストラは、後半頭から瀬戸を含め2人を交代。さらに後半20分時点で3人目のカードも切ったが得点を奪えず。結局0-3で敗れたアストラは、チャンピオンシップラウンド3試合で1分2敗とまだ勝ちがない。