サッカーの試合でありえない軌道のシュートがゴールになった。

ポーランド4部リーグ、ウニア・タルヌフ対KSZOオストロヴィエツ戦で…。

KSZOの選手が放ったシュートは、ボックス内で異常なバウンド!ありえない跳ね上がり方をしたボールにGKは反応できずゴールとなった。

シュートはペナルティースポットに当たってイレギュラーしたように見えるが、あんな跳ね方をするとは…。まさにGK泣かせのありえない軌道であった。

なお、試合は1-1で終了している。