7日に行われたプレミアリーグ第36節の大一番、アーセナル対マンチェスター・ユナイテッド戦。

試合はユナイテッドのアカデミーで育ったダニー・ウェルベックのゴールもあり、アーセナルが2-0と勝利した。

この試合を終え、アーセナルの勝ち点は「63」となり、消化試合数が1つ少ないことから、ユナイテッドを抜き5位でフィニッシュする可能性が出てきた。仮にCL出場権が手に入らなくても、ライバルチームより一つ上の順位でリーグ戦を終えたいというのはファンの気持ちだろう。

そしてこの勝利をふまえ、アーセナルファンの間で話題になっているのが「対ジョゼ・モウリーニョ」における戦績だ。

実はアーセナルはモウリーニョが率いるチームに滅法弱かったのだが、ついに勝利をあげたことになったのだ。モウリーニョがチェルシーの監督に初めて就任した2004年以降、その対戦成績は以下の通り。

2004-05シーズン プレミアリーグ 第17節
アーセナル 2-2 チェルシー

2004-05シーズン プレミアリーグ 第34節
チェルシー 0-0 アーセナル

2005-06シーズン プレミアリーグ 第2節
チェルシー 1-0 アーセナル

2005-06シーズン プレミアリーグ 第17節
アーセナル 0-2 チェルシ-

2006-07シーズン プレミアリーグ 第17節
チェルシー 1-1 アーセナル

2006-07シーズン プレミアリーグ 第37節
アーセナル 1-1 チェルシー

2006-07 リーグカップ 決勝
チェルシー 2-1 アーセナル

2013-14シーズン プレミアリーグ 第17節
アーセナル 0-0 チェルシー

2013-14シーズン プレミアリーグ 第31節
チェルシー 6-0 アーセナル

2013-14シーズン リーグカップ ベスト16
アーセナル 0-2 チェルシー

2014-15シーズン プレミアリーグ 第7節
チェルシー 2-0 アーセナル

2014-15シーズン プレミアリーグ 第34節
アーセナル 0-0 チェルシー

2015-16シーズン プレミアリーグ 第6節
チェルシー 2-0 アーセナル

2016-17 プレミアリーグ 第12節
マンチェスター・ユナイテッド 1-1 アーセナル

※FAコミュニティ・シールドを除く

アーセナルから見て、「対モウリーニョ」の対戦成績は13年間でなんと14戦0勝7分7敗…。リーグ戦とカップ戦では1勝もできておらず、まさに“天敵”とも言うべき相手だったのだ。

それだけに、アーセナルファンの中にはようやくモウリーニョから白星をあげられたことで胸を撫で下ろしている人もいるはず。もっとも来シーズン以降、モウリーニョと散々言い合ってきたアーセン・ヴェンゲルがチームを率いている保証はないのだが…。

なお、アーセナルはモウリーニョが率いるチームとFAコミュニティシールドで二度対戦しており、2015年には1-0で勝利している(2005年は1-2で黒星)。とはいえ、その通算成績は16戦1勝7分8敗と大きく負け越している。