プレミアリーグ第36節として行われたアーセナル対マンチェスター・ユナイテッド戦。エミレーツでの注目の一戦は、アーセナルが2-0で勝利した。

そんななか、あのフィル・ネヴィルが両チームの選手たちの様子を批判したようだ。『Independent』が伝えている。

それは、キックオフ直前に両チームがトンネル内で待機していた場面について。

ペトル・チェフとダビド・デ・ヘアや、スペイン人選手たちは互いにハグをして健闘を誓い合っていた。元ユナイテッドのネヴィルはこのシーンを馴れ合いだと指摘したという。

フィル・ネヴィル(元マンチェスター・ユナイテッドDF)

「Oh、これはナンセンスだ。

ウェイン・ルーニーを見てくれ。彼は伝統的なスタイルで前を見つめており、ハグもキスもしていない。

モンレアルは洗礼式にでも行くと思っているんじゃないか、フットボールマッチじゃなくて。

10年前のハイバリーのトンネル内で、マーティン・キーオン(元アーセナルDF、ネヴィルの隣で一緒に解説をしていた)に対してこういうことをやるなんてイメージできないね。

知り合いかどうかは関係ない。試合後のバーで会うかもしれないが、試合前は集中しなければいけない」

キャプテンとして先頭にいたルーニーは、真っ直ぐに前を見つめ集中力を高めていた。そしてこの意見にはキーオンも同調したようだ。

マーティン・キーオン(元アーセナルDF)

「これが現代の選手たちなんだろう。

フランス人選手たちが互いにこういうことをやっていたのが、私は大嫌いだった」

ユナイテッド対アーセナルといえば、ロイ・キーンvsパトリック・ヴィエラのあのシーンが有名だ。

かつてのレジェンドたちは、やっぱこれだよ!と思っているのかも?