『Marca』など各メディアは16日、「バルセロナのフベニールAに所属しているスペインU-19代表FWジョルディ・ムブラは、モナコと契約した」と報じた。

ジョルディ・ムブラ・ケラルトは1999年生まれの18歳。コンゴ共和国にルーツを持っているスペイン生まれの若手アタッカーで、2010年にバルセロナへ加入した選手だ。

ユース年代では目覚ましい活躍を見せ高い期待を寄せられていたものの、今夏彼はバルセロナとの契約延長を拒否し、チームを離れることを決断したという。

モナコは彼の契約解除条項に設定された300万ユーロ(およそ3.7億円)を支払うことに同意し、すでに取引を成立させたようだ。

ジョルディ・ムブラは来季モナコでプロ契約を結び、ファーストチームとリザーブを兼任する形でプレーする可能性が高いとのことだ。

今季のUEFAユースリーグでは主に右サイドでプレーし、9試合で8得点を決めたエンブラ。エンバッペのように、モナコで大ブレイクを果たす日も近いのだろうか?