ロシアで行われているFIFAコンフェデレーションズカップ。

開催国ロシアはグループステージで1勝2敗の3位となり、決勝トーナメントに進むことができなかった。

敗退が決まったメキシコ戦後、FWフョードル・スモロフは目に涙を浮かべていた。

彼はクラスノダールに所属する27歳の大型FWだ。ニュージーランドとの第1戦ではゴールも決めていた。

試合後には、こう語っていたようだ。

フョードル・スモロフ(ロシア代表FW)

「こんなにも早く大会から去ることになり、僕らはとても失望している。

僕らを信じて応援してくれた全ての人達に、心より感謝する」

不甲斐なさと感謝が入り混じり、感極まってしまったのだろうか。