「オストラヴァのマラドーナ」とも呼ばれ、若くしてリヴァプールでプレーした経験も持っている元チェコ代表FWミラン・バロシュ。

10月には36歳になる彼は、今夏のマーケットで自身が育ったバニク・オストラヴァに3度目の復帰を決断。

28日に行われたズブロヨフカ・ブルノとの開幕戦でいきなりベンチ入りを果たし、55分にヤクブ・シャシンカとの交代でピッチに送られた。

そして73分、左サイドからのクロスに対し、バロシュはファーから飛び込んでヘディング!

このところは常にスタメンとは行かない状況となっているが、その豪快なプレーは健在だ!

かつての英雄の復帰、そしてそれからまもなくのゴールに、詰めかけた8000人のファンも大盛り上がりだった。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名