『Gazzetta dello Sport』は13日、元フランス代表DFバカリ・サニャのインタビューを掲載した。

今夏のマーケットでマンチェスター・シティを退団し、フリーの状態となっているサニャ。

他のクラブに移籍するという話もあったが実現せず、現在は所属先を探している状況となっている。

彼はイタリアに移籍したがっているという噂を認めるとともに、インテルに加入したFWヤン・カラモーを『NEXTデンベレ』と絶賛したという。

バカリ・サニャ

「僕はヤン・カラモーのことをよく知っているんだ。

彼は純粋に才能がある。キリアン・エンバッペではなく、バルセロナに行ったウスマヌ・デンベレと比較できるね。

今、我々は彼がもっとプレーすることを楽しみにしているよ。カラモーはセリエAで大きな驚きを与えてくれるだろう。

フランスには幾つかの宝石がいる。彼はその一人なんだ」

(君自身にもインテル移籍の可能性があった?)

「インテルについては何度か話を聞いた。特にアーセナルからシティに行った夏にはね。

その時、僕はプレミアリーグで新しい冒険がしたかったんだ。それが、ミラノに行かなかった理由だよ」

(セリエAに来る?)

「そうだね。その準備はある。僕はセリエAをかなり追いかけているよ。そこには他にもローマ、ナポリ、ミラン、ユーヴェなどのビッグクラブがある。

競争力があるリーグだ。そして、僕が手にするであろう挑戦だ」