スペインを拠点とするレアル・ベティスの女子チームは25日、日本女子代表GK山根恵里奈の獲得を発表した。

山根は現在26歳。187cmという女子としては規格外のサイズを誇るGKで、2010年1月に10代で代表デビューした。

クラブでは東京電力マリーゼを経て2012年からジェフ千葉レディースに在籍。守護神として活躍したが、今年7月、海外挑戦を表明し退団していた。

一方、アンダルシアの雄ベティスの女子チームは2011年に誕生。昨季、初めて1部リーグに昇格し、16チーム中11位で残留を果たしている。

初の海外挑戦に踏み出した山根は、

「日本の代表選手としてベティスに来たので、試合に出て、ベティスがタイトルに近づけるように全力を尽くします」と抱負を語った。