味方サポーターにキックをお見舞いし、試合前に退場になってしまったマルセイユの元フランス代表DFパトリス・エヴラ。

その後、マルセイユは彼を活動停止にしたとしつつ、エヴラを侮辱したサポーターについても調査しているとの声明を出した。

そして、この一件についてルディ・ガルシア監督もコメント。「問題のサポーターはエヴラに対して無礼を働いた」としつつ、あえてエヴラにも苦言を呈した。

その言葉とは…。

今週末、マルセイユはホームでカーンと対戦する。