ブンデスリーガ2部で、ホルシュタイン・キールやウニオン・ベルリンと首位争いを繰り広げるフォルトゥナ・デュッセルドルフ。

ホームタウンのデュッセルドルフ市はドイツの3大カーニバル都市の一つに数えられるが、このほどクラブ史上初となる特別仕様の“カーニバル・ユニフォーム”を発表。19日に行われるインゴルシュタットとのアウェイゲームから着用するという。

今シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Fortuna Düsseldorf 2017-18 Uhlsport "Carnival"

フォルトゥナ・デュッセルドルフ 2017-18 Uhlsport カーニバル ユニフォーム

初のカーニバル・ユニフォームは、アシンメトリーのカラーに5つのシンボルマークとちょっと不思議な雰囲気。このデザインは、道化師のようなカーニバルの精霊“ホッペディッツ”の衣装がモチーフだ。

スポンサー“ORTHOMOL”は栄養補助食品の会社。中央にはデュッセルドルフ市の紋章をプリントしている。

フォルトゥナ・デュッセルドルフ 2017-18 Uhlsport カーニバル ユニフォーム

背面の“Düsseldorf”のフォントは、このカーニバル・ユニフォームのみ特別にゴシック調のドイツ文字を使用。

フォルトゥナ・デュッセルドルフ 2017-18 Uhlsport カーニバル ユニフォーム

デュッセルドルフにゆかりのある5つのシンボルマークは、左から「側転する子供」「シュロストゥルム」「道化師の帽子」「アルトビールの筒」「ヤン・ヴェーレンの騎馬像」。

クラブ創立年にちなんで1895着の数量限定販売。裾のタブにはシリアルナンバーが刻まれている。

フォルトゥナ・デュッセルドルフ 2017-18 Uhlsport カーニバル ユニフォーム

限定品に相応しく、ユニフォームは円筒形のケース入りで特別感を演出。

ピエロのような顔が精霊ホッペディッツで、毎年11月11日11時11分に彼が目覚めてカーニバルがスタートする。ちなみに向かって左側のカーニバル・ユニフォームを着ている男性は、デュッセルドルフの市長さん。

【次ページ】他のユニもサラッと紹介!