ついに2年前に南米王者になった名門リーベル・プレートが苦しんでいる。ここ5試合で4敗を喫しており、リーグ第9節のインデペンディエンテにも0-1で敗れてしまった。

前半19分にはまさかのプレーが…(動画22秒~)。

GKヘルマン・ルクスがペナルティエリア外でボールを手で掴み一発退場!

今年古巣に復帰した35歳のベテラン守護神がやってしまった珍プレーは現地でも話題になっていた。

試合後のマルセロ・ガジャルド監督も「とても悲しい。あの退場や負けたことにね」とうなだれていたそう。

リーベルは9節を終えて3勝3分3敗。28チーム中15位と低迷している。