『La Repubblica』は23日、UEFAの会長を務めるアレクサンデル・チェフェリン氏のインタビューを掲載した。

昨年9月からUEFAの会長を務めてきたチェフェリン氏。彼の指揮の下で行なわれた初めてのW杯予選では、オランダとイタリアが敗退するという波乱が起こった。

彼は今回の予選について以下のように話し、イタリアは他の欧州諸国から遅れを取っていると指摘したという。

アレクサンデル・チェフェリン

(イタリアのW杯予選敗退について)

「スポーツの点においていえば、サッカーの情熱を持っている国にとっては悲劇である。しかし、オランダも出場できなかった。

これは、うまく行っていないものを変えるチャンスでもある。インフラの面では、イタリアは他の欧州諸国に遅れを取っている。

インフラがなければ若い選手は出てこない。才能がいなければ勝てない。新しいスタジアム、練習場、それらの明確なプロジェクトが必要だ。

現在イタリアでは大きなトーナメントを開催することはできない。インフラが乏しく、スタジアムも老朽化している。

ユヴェントス、ウディネーゼ、アタランタ、カリアリ、サッスオーロだけがその点で動き出している。

大きなイベントがあれば助けになるだろうが、EURO2024はドイツとトルコであり、2028年についてはまだ話していない」