今年5月にマンチェスター・ユナイテッドとの契約を1年間延長したMFマイケル・キャリック。

だが、今季の出場は9月のリーグカップ1試合のみに留まっている。そんななか、本人がSNS上で離脱理由を明かした。

9月のバートン戦で違和感を感じたというキャリック。心臓に不整脈が見つかり、カテーテルアブレーション治療を受けていたという。ただ、現在は健康を取り戻しており、復帰に注力しているところだそう。

カテーテルアブレーションはカテーテルを用いた手術の一種。ただ、切開するのは太ももの付け根などで、手術としてはそれほど大掛かりなものではないそう。