もうすぐ始まる大一番、エル・クラシコ。世界中のサッカーファンはスペクタクルを期待し、各国メディアは勝敗予想で盛り上がっているが、ここではクラシコの「ユニフォーム」を振り返ってみたい。

といっても、とても歴代すべてのユニフォームを紹介するのは無理。そこで今回はユニフォームにおける「現在のレアルとバルサ」が始まった、1998-99シーズンからスタート!

なお残念ながら、98-99シーズン以降でも都合により掲載できなかったユニフォームもあるので、可能ならば別の機会に掲載できればと…。

1998-99シーズン

エル・クラシコ バルセロナ レアル・マドリー ユニフォーム

第3節 レアル・マドリー 2-2 バルセロナ

今に続く「adidasのレアル・マドリー」「Nikeのバルセロナ」という構図は、このシーズンから始まった。レアルはHummel、Kelmeという2つのブランドを経由して13年ぶりにadidasと契約。一方のバルサは、当時猛烈な勢いでシェアを拡大していたNikeと初めて契約している。

1999-2000シーズン

エル・クラシコ バルセロナ レアル・マドリー ユニフォーム

第26節 レアル・マドリー 3-0 バルセロナ

このシーズンのレアルは98-99シーズンモデルを継続使用。そしてバルサはクラブ創立当時(1899年)のユニフォームを再現した100周年記念モデルを着用。当時から大変な人気で入手困難だったこのユニフォームは、後に数度の復刻版がリリースされた。

2001-02シーズン

エル・クラシコ バルセロナ レアル・マドリー ユニフォーム

UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝1stレグ バルセロナ 0-2 レアル・マドリー

41年ぶりにCLの舞台でクラシコが実現。レアルは2ndレグを1-1で引き分けて決勝に進出した。そのレヴァークーゼンとの決勝で、歴史に残るジダンのスーパーボレーが炸裂する。

バルセロナの2001-02シーズンモデルは襟付きとゴールドのパイピングが特徴で、当時人気が高かったユニフォーム。

エル・クラシコ バルセロナ レアル・マドリー ユニフォーム

このシーズンのCLモデルは胸スポンサー無し。リーグ戦用には胸に“Real Madrid.com”とプリントされていた。番号には、フットボールのユニフォームにしては珍しいタイプのフォントを使用。

【次ページ】レアル100周年、そしてロナウジーニョ登場!