ドイツと中国が結んだ5年間のパートナーシップの一環として始まるはずだった、中国U-20代表のドイツ4部リーグ参戦。

ただ、当初から反対するチームが多く、親善試合という形でなんとか折り合ったものの、初戦でチベット国旗が掲げられたことにより、年内の試合は延期となっていた。

そんななか、DFB(ドイツサッカー連盟)はこの件についての続報を発表した。

それによれば、CFA(中国サッカー協会)との協議の結果、中国のU-20代表チームと4部チームとの親善試合は今後行わない方針になったとのこと。

つまり来年への延期ではなく、このプロジェクト自体が立ち消えになった模様。

2020年東京オリンピック出場に向けた中国の強化策はとん挫することになったようだ。