『News Limited』は23日、「オーストラリアサッカー協会(FFA)は、次期代表監督候補としてルイス・ファン・ハール氏と接触している」と報じた。

2014年のワールドカップを終えた後、マンチェスター・ユナイテッドの監督に就任したファン・ハール氏。

昨年夏にFAカップを制覇したものの、その後すぐに解任され、ジョゼ・モウリーニョに置き換えられた。

それからはクラブチーム、代表チームなどで仕事はしておらず、次の契約先を探している状況にある。

先日アンジュ・ポステコグルー(現横浜F・マリノス監督)氏が辞任したオーストラリア代表は、ワールドカップに向けて新しい指揮官を探している。

候補としてはユルゲン・クリンスマン、ルイス・フェリペ・スコラーリ、マルセロ・ビエルサなどが挙がってきた。

しかし今回の記事によれば、オーストラリアサッカー協会はファン・ハールとも連絡を取っており、ワールドカップで指揮を執る意思があるかを確認しているようだ。