『Independent』は28日、「ジェイミー・キャラガーは、プレミアリーグがもはやジョークのようなものになっていると話した」と報じた。

水曜日の試合でマンチェスター・シティがニューカッスルに勝利し、2位との差を15ポイントまで広げることに成功した。

12月末の段階でほぼ優勝は決定という状況の中、評論家のキャラガーは以下のように話したとのこと。

ジェイミー・キャラガー

「ニューカッスルだけではないよ。プレミアリーグ全体についてだ。

トップ6のクラブと戦う時、たとえホームでの試合であっても恥ずかしいものになっている。

プレミアリーグはもはやジョークのようなものになった。

下位に沈んでいるクラブと比べて、トップチームは遥かに先に進んでいる。

彼ら(下位)は、まるで上位のチームに負けることは受け入れているかのようだ。1-0か2-0ならいいかと。

プレミアリーグは、そこにいる全てのクラブによって組み上げられているものだし、それを世界中の人が見たがっているのだ」

(フィルヒル・ファン・ダイクがすごい移籍金でリヴァプールに加入したが?)

「リオ・ファーディナンドがマンチェスター・ユナイテッドに行った時、3000万ポンド(およそ41.38億円)を超えていたと思う。

しかし、彼はそれを返済するだけの活躍をした。彼はユナイテッドの最高のセンターバックだった。トロフィーを獲得した。10年間も働いた。

それは、ファン・ダイクがやらなければならないことだよ。リヴァプールにトロフィーをもたらし、リヴァプールの主力になり、リヴァプールのナンバーワンCBになり…。次の10年でそうなることが、彼の仕事だ」