小林祐希もフル出場したエールディビジ第19節、フィテッセ対ヘーレンフェーン戦。“アソコ”掴み事件もあった一戦は、1-1の引き分けとなった。

この試合で決まったヘーレンフェーンの得点がすごかった!(動画2分30秒~)。

裏へのボールに反応したフィテッセGKがゴールを飛び出して対応した場面。

ヘーレンフェーンMFペレ・ファン・アメルスフールトはそのこぼれ球をダイレクトシュート!狙うには難しい角度だったが、GKのいないゴールを見事に陥れる鮮やかな一撃となった。

ファン・アメルスフールトは1995年生まれの21歳、190cmを超える体格を誇る大型MFだ。

これで3試合連続ゴールとなり、試合後には「3戦連続はとてもいいね。ああいう瞬間は、考えずにただ打つだけさ。完璧なら相手は何もできない」と述べていた。