オーストラリアのW杯出場権確保に貢献したティム・ケイヒル。

38歳になった彼は昨年末にメルボルン・シティを退団し、無所属になっていた。そのケイヒルの新天地がついに決まった。

英2部ミルウォールが今季末までの契約を結んだと発表したのだ。

ケイヒルにとってミルウォールはプロデビューを果たしたかつての古巣!実に13年ぶりの復帰となり、クラブは彼を「レジェンドが戻ってきた」とも評していた。

ミルウォールは現在、24チーム中15位につけている。