この冬にフィリペ・コウチーニョを獲得した一方で、ジェラール・デウロフェウとハビエル・マスケラーノを放出したバルセロナ。

ここでは、『sportskeeda』による「バルサがこの1月にターゲットにすべきだった5人」を見てみよう。

ロベルト・フィルミーノ(リヴァプールFW/ブラジル代表)

ロベルト・フィルミーノ

リヴァプールファンにはどうか怒らないでほしい。コウチーニョに続いてバルサがまたチーム最高の選手を引き抜いたとすれば、彼らが怒り狂ったとしても当然のことだ。

もしフィルミーノも移籍すれば、マスケラーノも含めてこの10年でバルサはリヴァプールから大物3選手を獲得することになる。

ただ実際のところ、バルサにはルイス・スアレスの適切なバックアッパーがいない。ウルグアイ人ストライカーは偉大な選手であり、調子を取り戻しているが、31歳になり以前よりも遅くなりつつある。

その一方、フィルミーノはこのリーグで最も過小評価されている選手のひとりだ。今季の彼は30試合で19ゴール10アシストをマーク。

ブラジルでも最も過小評価されている選手かもしれないが、それはバルサにフィットしないということにはならない。事実、彼にはカンプ・ノウで爆発するための全てを持っている。