『La Sexta』は16日、「クリスティアーノ・ロナウドは、PSG戦でゴールを決めた後にお金を要求するジェスチャーをしていた」と報じた。

水曜日に行われたレアル・マドリー対PSGの試合で、PKを含めて2得点を決めることに成功したロナウド。

その後、サンティアゴ・ベルナベウの南スタンドに向けて彼はこのようなジェスチャーをしていたという。

親指とそれ以外の指を擦り合わせると、スペインやポルトガルでは「お金」を意味するジェスチャーになる。

たしかにそう見えなくもないが…。わざわざこんな公の場でやるだろうか。

クリスティアーノ・ロナウドはこのところレアル・マドリーからの退団が噂されており、クラブ側はそれを留めるために年3000万ユーロ(およそ39.9億円)の給与を支払う準備があると言われている。