ニースで得点を量産しているマリオ・バロテッリ。イタリア代表への復帰も噂されている。

Raiの『La Domenica Sportiva』というテレビ番組に出演した彼は、こう述べたという。

マリオ・バロテッリ(ニースFW)

「昨季(代表監督だったジャンピエロ・)ヴェントゥーラは、PSG戦前にニースにやって来た。

長い話し合いをしたが、招集するつもりがないことはすぐに分かった」

「だが、自分は招集に値した。今のオレはもはやベンチ要員ではない。アズーリ復帰に準備は整っている」

60年ぶりにワールドカップ出場を逃したイタリア代表。

今月末にはアルゼンチン、イングランドとの親善試合が控えている。ルイージ・ディ・ビアージョ新監督はバロテッリに声をかけるだろうか。