J1の横浜F・マリノスは4日、カメルーン代表MFオリヴィエ・ブマルの獲得を公式発表した。

28歳のブマルは左利きのアタッカー。カメルーン人だが欧州でプロになり、ギリシャで長くプレーした後、昨夏、中国の遼寧宏運に移籍した。

また、昨年はカメルーン代表としてもデビューし、ロシアで行われたコンフェデレーションズカップにも出場している。

ブマルはF・マリノスの公式サイトで、

「横浜F・マリノスという偉大なクラブに加入でき嬉しいです。いつも日本のサッカーを見てきましたが、F・マリノスに加入を決めた大きな理由は、偉大な歴史を持つクラブだからです。クラブが4度目のJリーグタイトルを獲れるよう貢献したいと思います。監督として数々の成功を収めたアンジェ ポステコグルー監督と話し、その目標を達成するための信念と自信を得ることができました。そういった後押しもあり、加入することを決断しました。」

と抱負を語った。