『FourFourTwo』は4日、「アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、昨季よりも悪い状況にあると話した」と報じた。

エステルスンドにホームで敗れたあと、マンチェスター・シティを相手に2連敗したアーセナル。

しかもその結果はどちらも3-0という完敗であり、一つはカップ戦の決勝という大舞台であった。

解任の噂も流れているヴェンゲル監督は以下のように話し、昨季の状況よりも悪いと語ったとのこと。

アーセン・ヴェンゲル

「そうだね。今は昨季よりも悪い。

なぜなら、昨シーズンの我々はカップ戦を勝っていたし、75ポイントを獲得していたからだ。

私はそれを否定しない。我々はそれをシーズンの最後に分析をするだろう。

そして、心配はしていない。私は現実の中で生きていくことができる」