『Metro』など各メディアは、「マリオ・バロテッリは、ダニ・アウヴェスのコメントを批判した」と報じた。

先日、遠征先のホテルで突然死去してしまったフィオレンティーナのDFダヴィデ・アストーリ。

サッカー界に衝撃を与えた事故であったが、その後PSGのダニ・アウヴェスが記者会見で「彼のことはあまり知らない。何千人もの子供が、毎日このような注目も集めることなく死んでいる」と話したことも大きな話題になった。

それに対して、マリオ・バロテッリは『Instagram』のライブストリーミングで以下のように話し、そんなコメントは場にそぐわないと批判した。

マリオ・バロテッリ

「ダニ・アウヴェスが言ったことは間違ってはいない。

しかし、彼はあの瞬間、自分の関心事だけにとどまっていてはいけなかった。

彼はただお悔やみをするべきだった。馬鹿なことを話すのではなくね。

あのようなコメントをしてはいけないよ。誰かが亡くなってしまったときに。彼が言ったことは、いずれにしてもダメだ。

ちなみにアストーリは本当にいい男だった。礼儀正しい人物だった。代表チームでともにプレーしたので、僕はそれを言うことができる。

残念ながら、木曜日には練習があるので葬儀に行くことは出来ない。もしそれがなければ、車に乗って駆けつけていたよ。

1ヶ月に一回、サッカー選手は多くのチェックを受けている。それにもかかわらず、何かが起こってしまった。

考えれば恐ろしいことだよ。彼はベッドに入るまで全く問題ないように見えていたのだから」