今季で87シーズン目を迎えたスペイン2部リーグ(セグンダ・ディビシオン)。一般的にはセグンダと呼ばれるが、現在の正式名称は「LaLiga 1|2|3」と、ちょっとユニークだ。

名門サラゴサをはじめ「元1部」クラブがひしめき合う2部リーグで現在首位を走るのは、1960年のクラブ創設以来一度も1部の経験がないウエスカ。古豪が下位に沈む一方で、この意外なクラブの躍進が昇格争いに混沌を招いている。

その2部では現在、鈴木大輔と井手口陽介の2人が日々戦っている。また昨季は柴崎岳がテネリフェでプレーするなど、近年のスペイン2部は日本人に身近な存在となった。

だがニュース量が少ない2部ゆえに、ユニフォームは自ら情報を収集しないと目にする機会も少ない。そこで今回は、今季の2部リーグに所属する全チームのユニフォームをまとめてみた。

3月に入り、来季の昇格・降格チームが“ぼんやりと”見え始める時期。そこでユニフォームは、第29節終了時点の順位を下から追っていく形で掲載。まずは最下位(22位)のセビージャ・アトレティコから見てみよう。

Sevilla Atlético 2017-18 New Balance

セビージャ・アトレティコ 2017-18 New Balance ユニフォーム

セビージャ・アトレティコ

ホワイトがホーム、レッドがアウェイ。セビージャのリザーブチームだが、独自に“たすき掛け”デザインのユニフォームを用意している。エンブレムもオリジナルのデザインだ。胸スポンサー「Playtika」はオンラインゲーム。

Lorca FC 2017-18 hummel

ロルカFC 2017-18 hummel ユニフォーム

ロルカFC

ブルーがホーム、レッドがアウェイ。2003年に誕生した新しいクラブで、今季が初の2部リーグ挑戦となる。

Córdoba CF 2017-18 Kappa

コルドバCF 2017-18 Kappa ユニフォーム

コルドバCF

グリーン/ホワイトがホームで、ピンクがアウェイ。1部時代の2014-15シーズンにはハーフナー・マイク(現ヴィッセル神戸)が在籍していた。アンダルシアのクラブということもあり、エンブレムやユニフォームはどことなく“アンダルシアの雄”ベティスに似ている。