リーガ第28節、エイバル対レアル・マドリー戦がイプルーアで行われた。

乾貴士も先発した一戦でエイバルは奮闘するも、クリスティアーノ・ロナウドの2発でレアルが1-2で勝利する結果となった。

この試合では珍しい出来事があった。まだ1-1というスコアだった後半28分にレアルDFセルヒオ・ラモスが突然ピッチからいなくなったのだ。

レアルはそのために数分間は10人で戦うことを余儀なくされた。ただ、ラモスは退場になったわけではない。

ではなぜピッチから姿を消したのか…。

『AS』などによれば、ジダン監督はその理由について「彼は用を足していた」と明かしたという。

すでにレアルは3人の交代枠を使い切っており、ラモスを下げることはできなかったが、どうやらトイレに駆け込んでいたようだ。ただ、その5分後にはピッチに戻っている。