先日大きな話題になったジェイミー・キャラガー氏の「唾吐き」騒動。

マンチェスター・ユナイテッドとの試合後、車を運転していたキャラガー氏が隣を走っていた車に向けて唾を吐いていた、という映像がインターネットで話題になった。

それは、「1-2!」という挑発的な言葉に対してのリアクションであったが、唾が14歳の少女に当たって泣き出していたという報道も。

これを受けて『Sky Sports』は解説者としての仕事を一時停止すると発表した。

キャラガー氏は自身の行為についてテレビで謝罪を行い、「最低中の最低だった」と反省。しかし現在『Sky』は彼を解雇するかどうかを検討していると言われており、どのような結末を迎えるか注目されている。

『Mirror』によれば、キャラガー氏は泣き出したという少女の両親とも面会してすでに謝罪したという。両親と少女は『Sky』に対して「解雇しないでくれ」と願っているとのことだ。

父親

「我々は彼の仕事を失わせたいわけではない。そんなことではない。ただ謝罪と説明を求めただけだ。

彼は恥ずかしがっていた。誰もがミスを犯すものだし、我々は皆人間である」