各地で行われた代表マッチ。イングランド代表はオランダとの親善試合に0-1で勝利した。

だが、アムステルダムでの試合後にギャレス・サウスゲイト監督はサポーターへの苦言を呈していた。

指揮官はオランダ国歌へのブーイングについて「受け入れられない行為」と断罪。また、アムステルダムの街中で起こした蛮行については聞きたくもないと憤慨していた。

『BBC』によれば、イングランド側には5,234枚のチケットが用意されていたそう。ただ、渡航したイングランド代表ファンの一部は現地で騒ぎを起こし、なんと2日間で100名が警察に逮捕されている。

そういったこともあり、サウスゲイト監督はお怒りだったようだ。