マンチェスター・ユナイテッドとの契約を解除し、LAギャラクシーに活躍の場を移したズラタン・イブラヒモヴィッチ。

このタイミングで報じられているのは、スウェーデン代表に復帰するのではないかという噂だ。

『ESPN』の取材に対し「代表チームが恋しい」とコメントしていたが、このほどMLSの公式サイトで再び代表復帰について答えている。

そこで明かした代表復帰の「条件」とは?

ズラタン・イブラヒモヴィッチ(LAギャラクシー)

「気分が良くて、オレに出来ることが与えられると感じられたなら、ドアはいつだって開いている。

オレがそこにいたいと感じていたとしても、そうでなかったとしてもだ。

オレはプレーがしたい。何が起きるか見てみようじゃないか。

彼らは毎日私に連絡してくる。そしてどんな調子かを聞いてくるんだ。けれど我々は一歩ずつ着実にやっていかなければならない。

気分が良くなりそうしたいと思えたら、オレはそこにいるだろう。それは繰り返しておく」