マンチェスター・ユナイテッドとの契約を解除し、LAギャラクシーに活躍の場を移したズラタン・イブラヒモヴィッチ。

『ESPN』に登場し、実は中国のクラブから7000万ポンド(およそ105億円)のオファーが届いていたことを明かした。

LAギャラクシーでのイブラヒモヴィッチの年俸は120万ユーロ(1.5億円)ほどと言われており、中国のものと比較すると1/100ほどである。

なぜ、イブラヒモヴィッチは中国移籍を蹴ってまでMLSに挑戦したのだろうか?

その理由を聞かれ、以下のように答えている。

ズラタン・イブラヒモヴィッチ(LAギャラクシー)

「これはオレにとって大きな挑戦だ。

ここアメリカに来てみたかったし、全ての人にオレが出来ることを示したかった。

お金ではなかったんだ。 なぜなら、ここでの契約内容について知らなかったくらいだからな。

オレはただ『準備ができているから行く』と言ったまでさ。驚いていたのはギャラクシーの方だったと思う。

怪我をして、オレはただハッピーになりたかった。

スパイクを履いて芝の匂いを嗅ぎ、ボールに触れたかったんだ。

そして、これまでの20年間でやり続けていたことをしたいと考えた。

オレを信じてくれ。そうしたことに、値段はつけられない」