佳境を迎えている欧州各リーグ。そんななか、終了したはずの試合が、やり直しになるまさかの事態が起きた。

問題があったのは、オランダ2部のヨング・アヤックス対NEC戦。2位vs3位の上位対決は、2-0でヨング・アヤックスの勝利に終わったはずだった。

だが、KNVB(オランダサッカー協会)はこの試合をやり直すと発表した。一体なぜ…?

実はアヤックスMFトゥン・バイレフェルトは累積警告のためにこの試合に出場する資格がなかった。

だが、KNVBとアヤックスは彼のイエローカードの枚数を5ではなく4枚とカウントミス。結局、バイレフェルトはNEC戦にフル出場してしまったが、誤りに気付いたのは試合後だったそう。

アヤックス側に瑕疵があった場合には、NECの勝利になるはずだが、KNVBのミスであったことから再試合という決定になったようだ。実際、アヤックス側に非はないとされている。

リザーブチームであるヨング・アヤックスに1部昇格の資格はないが、昇格を目指しているNECとしてはこの試合の勝ち負けは大きな意味を持つ。再試合は4月16日(月)に行われる予定だという。