『Daily Mail』は9日、「バルセロナユースのMFロベルト・ナバーロに対し、アーセナルが接近している」と報じた。

ロベルト・ナバーロは2002年生まれの15歳。バルセロナのアカデミーであるラ・マシアで育てられている攻撃的MFだ。

高い評価を受けている彼に対してはマンチェスター・シティが強い関心を抱いていると言われていた。

しかし彼らはこの1週間で休息に興味を失ったとのことで、その結果アーセナルが接近している状況にあるという。

一方、バルセロナも4月12日で16歳になるロベルト・ナバーロと契約を更新するため、新しい条件を提示したとのこと。

16歳になれば、ヨーロッパの中であれば国を超えて移籍することが可能になる。

バルセロナはそれを阻止するために動いているが、ロベルト・ナバーロが移籍を選択した場合はイングランドに活躍の場を移すかもしれない。