『Corriere dello Sport』は11日、「ユヴェントスのジュゼッペ・マロッタGMは、ローン移籍を禁止された場合の対策について話した」と報じた。

先日、国際サッカー連盟(FIFA)が期限付き移籍のシステムを制限、あるいは廃止することを検討していることが明らかになった。

ビッグクラブは多くの選手を獲得して他のクラブに貸し出すという手法を使っており、ユヴェントスはなんと41名が期限付き移籍している状態にある。これはウディネーゼ(27人)やチェルシー(22人)を大きく上回る。

世界で最も貸し出し人数が多いユヴェントスは、新しいルールにどう適応するのか?マロッタ氏は以下のように話したとのこと。

ジュゼッペ・マロッタ

(FIFAが期限付き移籍の禁止を検討している。ユヴェントスは最も影響を受けるクラブの1つになりそうだが?)

「我々はそれを2~3年前から知っていた。新しいルールには適応しなければならないだろう。

どうやって適応するか?

それは、リザーブチームの導入、そして買い戻し特約をつけることだね」