UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝でバルセロナを沈める大金星をあげたローマ。準決勝ではリヴァプールと対戦することが決まった。

そんななか、ローマの公式Twitterによるこんなツイートが話題になっている。

「僕らは180分間は敵対することになる。でも、何が起ころうとも、生涯の友であり続けるはずさ。

ムハンマド・サラー、君と再会するのが楽しみだよ!」

今季リヴァプールの躍進に大貢献しているエジプト代表FWサラーは、昨季までローマでプレーしていた選手だ。

彼にとっては古巣との対決になるが、ローマはどうなっても今の関係は変わらないよ!とエールを送っていたのだ。これは素敵!