フローニンゲンMF堂安律が、今季リーグ戦8得点目を決めた。エールディビジ第31節ローダJC戦での一撃がこれ(動画36秒~)。

ゴール右寄りでボールを受けると、中に持ち出して左足を一閃!鋭いシュートをファーサイドに突き差し、ゴールを奪ってみせた。

堂安にとって3試合ぶりの得点。チームも2-1で勝利し、1部残留に向けて大きな勝点3を手にしている。試合後、エルネスト・ファバー監督も「我々はいい仕事をした」とコメント。

なお、『fcupdate』の採点において、堂安はMOMに選ばれたフローニンゲンMFイェスパー・ドロストと同じく「7.5」という高評価を得ていた。

残り3試合となった現時点で、フローニンゲンは18チーム中13位につけている。