『Daily Mail』は16日、「マンチェスター・シティは、1年の補強禁止処分を受ける可能性がある」と報じた。

現在スポーツ仲裁裁判所(CAS)で争われている、アルゼンチン人選手ベンハミン・ガレの獲得を巡る裁判。

この判決が今週中に下される予定だと発表された。もし有罪になれば、シティには補強禁止処分が課せられる可能性がある。

バルセロナやアトレティコ・マドリーのように2つの移籍ウィンドウで新たな選手登録が禁止された場合、シティには大きな打撃になるだろう。

ただもちろん控訴できる権利はあるため、それが認められれば処分の適応を延期させることはできる。

ベンハミン・ガレは2016年、ベレス・サルスフィエルドからマンチェスター・シティへと移籍した。

その際彼はまだ16歳。通常選手の国際移籍は18歳以上でないと行うことができない。

しかしEU内の移籍であれば16歳から可能である。シティは彼がイタリアのパスポートを持っていることを指摘している。

ただ、ベレス側は「それはヨーロッパ内の移籍という意味で、他の地域から獲得することは許可されていない」と訴えている。