『Sky Sport Italia』は19日、「ロシア・プレミアリーグのゼニト・サンクトペテルブルクは、シニシャ・ミハイロヴィッチ監督の招聘を考えている」と報じた。

現在ロベルト・マンチーニ氏に率いられているゼニト。現在ロシアリーグでは4位となっており、チャンピオンズリーグ予選の出場権獲得を争う立場となっている。

しかしマンチーニ氏は現在イタリア代表の次期監督最有力候補であると伝えられており、今季限りで退任する可能性が高まっている。

イタリア代表は5月20日までに監督選びを終える予定で、来月末のサウジアラビア戦では指揮を執ることになるとも。

そこでゼニト・サンクトペテルブルクは現在新しい監督を探しており、シニシャ・ミハイロヴィッチ氏の招聘を考えている状態だとのこと。

マンチーニとミハイロヴィッチは、選手時代のチームメイトであり、インテルでは監督とアシスタントという関係でもあった。

ミハイロヴィッチは今季途中にトリノを解任されていることもあり、非常に自然な指揮官交代になると評されている。