イタリア・セリエAのトリノは、「シニシャ・ミハイロヴィッチ監督を解任した」と公式発表した。

3日に行われたコッパ・イタリアでのユヴェントス戦で敗北したトリノ。

今季はエースのベロッティが不調に陥っていることもあり、リーグでも10位という結果となっていた。

まだ選手たちからの信頼は保っていたとのことであるが、トリノはこのタイミングでミハイロヴィッチ氏の解任を決断したとのこと。

そして、同日新監督も発表され、ヴァルテル・マッツァーリ氏がトリノを引き継ぐことも決定している。

かつてレッジーナ、サンプドリア、ナポリ、インテルなどを率いたマッツァーリ氏は、昨年ワトフォードを解任されていた。

まだワトフォードとの契約は2020年まで残っていたものの、それを解除する形でトリノの監督に就任したようだ。