『FourFourTwo』は14日、「まだあまり知られていない優秀な若手指導者10名」という記事を掲載した。

このところサッカーはどんどん戦術的なものとなっており、経験よりも知識の引き出しが重要視されるようになってきた。そのため様々な道を経て監督となる人物も増えている。その筆頭はホッフェンハイムのユリアン・ナゲルスマンだろうが、他にも多くの指導者が台頭しつつある。

激動の時代を迎えたサッカー界、現在欧州で最も有望と思われる10名の若手監督とは?

ドメニコ・テデスコ(シャルケ04)

ドメニコ・テデスコ シャルケ04

シャルケのサポーターは、昨年夏に新たな監督として32歳の青年を指名したことを信じられずにいただろう。

ドメニコ・テデスコはエルツゲビルゲ・アウエを下部リーグで残留に導いたが、ドイツのトップレベルで仕事をする準備ができているのか?

SDを務めているクリスティアン・ハイデルは、かつてマインツでユルゲン・クロップやトーマス・トゥヘルにチャンスを与えた人物だ。彼は今回も大胆にテデスコに賭け、それはうまく行った。

イタリアで生まれた青年監督は、ビジネスエンジニアリングの博士号を持ち、かつてはメルセデスの社員だった。ただ、その学位はもう必要ないかもしれない。